« 2016年4月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年10月26日 (水)

故西本会長を偲ぶ

法人の創業者である西本裕先生が、今月15日ご逝去された。

ご病状が明らかになってから僅か3ヶ月という早さで命を

落とされた。

なんでそんなに急がれたんですか?との思いで残念でならない。

未だに信じられない気持ちはいつまで続くのか・・・・・・・・・・・・・
Fullsizerender_0_11


西本先生は50年の長きにわたり税理士として、温厚誠実、実直

で非常に勉強熱心であり、各税法に精通しておられた。
 
ご同業の税理士さん達から度々個別相談を持ち掛けられ、的確な

回答をされていた。

「税理士の税理士たれ」との名言は私の座右の銘として大事に

している。



また、税理士会や同業団体の枠を超えて数多くの講演、研修など

積極的に講師を務められ、もっとも印象深く思い出されるのは、

平成元年消費税導入の前後の猛烈なセミナーは全道数十か所に

及び、その多忙ぶりはテレビの追っかけ取材で番組になったこと

である。



顧問先であるお客様を最優先されながら、会務活動にも積極的に

参加され、北海道税理士会の副会長をはじめ、各種団体の要職

を歴任され、業界発展に貢献された重鎮でもあった。



私とは縁あって、公私共にお世話になる間柄となって40年以上が

経過した。その間、多くの楽しい想い出があり、また多くの教えを

頂いた。仕事の面、勉強の面、お酒の面など数えきれない。

先生、これからもっともっと教えていただかなければならないのに

ヒドイですよ!  勝手に逝っちゃって。


13年前、二人で税理士法人を立ち上げたが、西本先生がいな

かったら絶対に今のような法人には成長しなかった。

周囲のすべての人々への細やかな気配りと、決断の果敢さ、

ぶれない経営方針。
 
仕事も会務も常に先生が先に歩かれ、私はその背中を追いか

けて後ろからついていった40年が終わってしまった。

西本先生、これからは私だけでなく、法人に関わる全ての人の

背中からしっかりと見守っていて下さいよ!!!


職員一同からの弔電、良かったですね。

「今までは先生が自分たちの誇り。これからは自分たちが先生

の誇りになるように頑張ります。」

私自身も、先生と作ったこの法人を、創業時の理念と方針を

しっかりと継承し、一層発展するように全力を尽くします。


最後にもう一度哀悼の意を表します。

西本先生、ゆっくりとおやすみ下さい。
 
                                合 掌
 
 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2017年3月 »